住宅の査定で意識することってあるの?

物件の査定ってどんなイメージがありますか?査定についてどんなことがあるのか。そんなことを紹介していきます。

実はマンションと一戸建てって見るポイントが違うのです。一戸建てのポイントについて解説していきまうす。

一戸建てを高く売りたい。それは誰でも同じです。しかし、場所や土地の面積、建物の状態で評価は変わります。

ことろで査定には、「簡易査定」と「実査定(現地査定)」の二種類があります。

家やマンションの査定には、「簡易査定」と「実査定(現地査定)」の二種類がります
それぞれの査定の概要について、簡単に説明していきます。

◆簡易査定とはなんでしょう。

簡易査定とは、簡単にいうと家やマンションの実際の状態を見ずに、おおよその価値を算出する方法です。算出方法は、直近過去の近辺の同形状の物件の売買実績を参照しながら金額を出します。

近年はインターネットで簡単でかつ短時間で簡易査定をすることができますので、あらかじめ売ろうと思っている家やマンションの価値の目安を知ることができてしまいます。ただ簡易査定なので、あくまでもその物件の相場を知れるという感じです。

簡易査定は簡単に短時間で物件の相場を知ることができます。ただ注意が必要なのが実際に家やマンションを売却する際の実査定(現地査定)と、金額は変わってくるのです。そのため、ネットだけで値段がでるとは思わずにあくまでも相場をしるという感じで査定してみてください。実際には値段は変わってくる可能性が高いです。

◆実査定(現地査定)とは?

実査定(現地査定)とは、簡易査定と違って、売却する家やマンションの実際の物件を見て、物件の価値を算出してもらう方法です。

不動産屋の査定担当者に実際に住宅に来てもらい、物件の状況、情報を確認し金額を出してもらいます。おそらく一般的な査定のイメージは実査定、現地査定だと思います。

現地査定は簡易査定のようにネットで簡単にできるものではないため、時間はかかります。しかし、実際にその物件の売却額に使い金額を査定してもらうことができます。

査定金額を出す流れについては、まず簡易査定を行い、売りたい物件のだいたいの相場を確認し、その後、実査定を行って査定額を把握していくのが一般的です。

◆簡易査定の注意点

ネットで簡単査定ができますが、注意すべきポイントとしては、一括査定は微妙です。一括査定を行うと、そこに登録してある複数の会社から金額が送られてきます。そこでの金額はあくまでも相場です。意図的に高めにだすところもあるので注意が必要です。自分の会社で物件を売りたいために高めの金額を出しておく。その後にいくらでもコントロールできてしまいます。その結果損をするということもよくある話です。ではどうすればよいのか。一括査定サイトで査定してみるのもアリですが、地域で行っている小さい不動産会社で査定をしてみてください。大手サイトとは違い、しっかりと査定をするケースが多いのです。大手はブランドだけで集客ができますが、小さい会社はその他の努力によって精度を上げ、市場に売りにだそうとするため、実は地域密着型の小さい不動産会社で査定を依頼してもよいケースがあるのです。なかにはそうでない会社もありますが。。

◆まとめると

初めにネットで査定を以来、そのあとに実査定を行い、実際の金額を把握するということになります。自分の売りたい物件が実はいくらか。それってかなり重要なことです。また、査定金額の通りに売れるということでもありませんが、まずは理想の金額に近づけるためにも事前の査定は重要と言えます。多くの一括査定サイトがありますが、そこはあくまでも参考値とし、なるべくはやく、適正な価格で売りたいというひとは、地域密着型の不動産会社で、ホームページで査定、売却についてくわしく記述しているサイトで依頼すると良い結果になることが多いのです。